第6回 BOOK DAY とやま

BOOK DAY とやま、今年は「古本とレコード」特集の第2弾!

北陸の本好きにおなじみのBOOK DAYとやまも第6回目!
前回好評をいただいた「古本とレコード」特集の第2弾です!
グランドプラザが本とレコードで埋まります!
今回は、日程をゴールデンウィーク中に変更、2日間に延長しました。
旅行に行くように、海や山に行くように、実家に帰るように、祖父母の家に行くように、遊園地や動物園に行くように、山菜採りに行くように、宝探しに行くように。おひとりで、お友達連れで、ご家族で。
ゴールデンウィークの行楽に、BOOK DAYとやまにお出かけください!

2018年 5月3日(木・祝)10:00 – 19:00
5月4日(金・祝)10:00 – 17:00
 ※ 雨天決行

会場: 総曲輪・グランドプラザ ※ 入場無料
富山市総曲輪 3-8-39 →map

 

恒例!春の大古本市

本の世界へようこそ!
〜絵本、文芸書、暮らしの実用書から美しい画集まで。文庫・単行本・雑誌がずらりと並びます〜

—地元富山より。老舗からニューウェーブまで!—
ブックス文友/フレンド書店/キャロット/ドリーム/ブック・スピカ/ALFA音響/古本のあっちゅん堂/デフォー/豆古書店/古書サニー/コメ書房/古本ブックエンド/ひらすま書房/古本いるふ

—おとなり石川の実力派揃い—
近八書房/金沢文圃閣/あうん堂/古本LOGOS/金沢20世紀書房/髙橋麻帆書店/オヨヨ書林

—遠方よりの友情出店—
書肆鯖(古本もやい)(新潟)/BOOKS f3(新潟)/
古本ジャンボリーズ(古本屋ぽらん/三重+太閤堂書店/名古屋+徒然舎/岐阜)

セレクトにこだわりあり!新刊書店

石引パブリック(石川)/紀伊國屋書店 富山店/新本のプー横丁

出版社・リトルプレス

トーチ(東京)/さかだちブックス(岐阜)/もやいのponcotan(新潟)/BonNo(石川)/カワイルカ出帆(オカサトシ)/スピニー/ピストン藤井

世界は音楽で溢れている! レコード・CD祭り

〜名盤・珍盤・奇盤がザクザク〜

レコードジャングル(石川)/フラミンゴ・レコード(福井)/レコードマーケット/ディスクビート/TOKEI RECORDS

フード&ドリンク

本好きも・レコード好きも、ちょっとひとやすみ。
フード&ドリンク・コーナーご用意しました。
おいしい飲み物、おいしい食べ物。ごゆっくりお過ごしいただけます。

うみとやまと食堂(キッチン花水木とRrose Sélavy Foodsのコラボレーション出店)/
SIXTH OR THIRD COFFEE STAND/WINE BAR alpes
※売切れ次第終了

古本屋マップも配布します!
BOOK DAY とやま会場にて、出来たてほやほやの富山の古本屋マップを無料配布します!
最近、富山にあたらしい古本屋が増えてるのはご存じでしたか?
このイベントをスタート地点に、県下の小さくても個性豊かなお店をゆっくり巡ってみてください!

BOOKDAYとやま×富山市立図書館 共同企画:
トーチWEB 編集長 関谷武裕 × ひらのりょう トークショー
「2018年の空想力 ーインターネットにおけるマンガ表現の進化と拡張ー」

日時:5月4日(金)14時〜 会場:TOYAMAキラリ(富山市立図書館本館)2階ロビー
申込不要・参加無料

オルタナティブなマンガ表現に挑戦している「トーチweb」の編集長・関谷武裕氏と、同サイトの連載陣で、奇想天外な世界観が高く評価されているマンガ家・アニメーション作家のひらのりょう氏のおふたりに、マンガ表現の現在とこれから、そして進化と拡張について語っていただきます。トーク終了後はサイン会もあります。

【問い合わせ先】BOOK DAY とやま 実行委員会
https://bookdaytoyama.net
bookdaytoyama@gmail.com
射水市戸破6360 LETTER 1F
ひらすま書房内
TEL:080-4251-0424
12:00~19:00 (月・火曜休)

【主催】BOOKDAYとやま実行委員会/グランドプラザ
【後援】富山市
【協力】富山県古書籍商組合

トーチWEB 編集長 関谷武裕 × ひらのりょう トークショー

BOOKDAYとやま×富山市立図書館 共同企画:

トーチWEB 編集長 関谷武裕 × ひらのりょう トークショー
「2018年の空想力 ーインターネットにおけるマンガ表現の進化と拡張ー」

日時:5月4日(金)14時〜 会場:TOYAMAキラリ(富山市立図書館本館)2階ロビー
申込不要・参加無料

オルタナティブなマンガ表現に挑戦している「トーチweb」の編集長・関谷武裕氏と、同サイトの連載陣で、奇想天外な世界観が高く評価されているマンガ家・アニメーション作家のひらのりょう氏のおふたりに、マンガ表現の現在とこれから、そして進化と拡張について語っていただきます。トーク終了後はサイン会もあります。

IMG_9945
関谷武裕
編集者。「トーチweb」主宰、編集長。2006年リイド社入社。2013年に同社のリブランディングと新規市場開拓を揚げてトーチwebを企画。2014年8月に創刊し現職。

IMG_9946
ひらのりょう
産み出す作品はポップでディープでビザール。文化人類学やフォークロアからサブカルチャーまで、自らの貪欲な触覚の導くままにモチーフを定め作品化を続ける。その発表形態もアニメーション、イラスト、マンガ、紙芝居、VJ、音楽と多岐に渡るが、その視点は常に身近な生活に根ざしている。